YORIMICHI(福岡 長者原)庭園が見えるイートイン席で

【YORIMICHI@福岡 長者原

香椎線、福北ゆたか線の2路線が乗り入れている長者原駅から
歩いてすぐ、2分ほどのところにあるこちらのお店。
近くにバス停もありアクセスが良い立地。
行くなら絶対に天気がいい日に、と決めていた。
なぜならこちらのお店は庭園を眺められるイートイン席があり、
晴れた日の庭園を前に美味しいパンを味わいたいと思っていたから。

この日はバスを使ってお店に向かった。
バス停からお店までの道のりには看板もあり迷うことなくお店に到着。


歩道近くに置かれた木製の看板が目印。
看板の後ろに見えるのはまっすぐ伸びる石畳で、
ここからはお店は見えない。
わくわくしながら石畳に沿ってまっすぐ進むと
左手に古民家風のお店が見えてくる。


入口に到着するとガラスの窓の向こうにパンが並んでいて、
女性がゆっくりじっくりパンを選んでいるのが見える。
そしてびっくり。
なんと、靴を脱いでお店に入るスタイルで靴箱とスリッパが置かれている。
誰かの家にお邪魔するような不思議な気持ちで
靴を靴箱の一番端にしまい、ボーダー柄のスリッパを履き、
そしてガラスの扉をガラガラと横にひきお店に入る。


店内に入るとすぐ目の前がレジ、
左側のスペースにパンが並びその奥にイートイン席が見える。
パンは腰高の四角いテーブルを囲むようにずらっと並べられ
お客さんは皆、テーブルの周りをぐるぐると回りながらパンを選ぶ。

この日到着したのは午前9時頃。
すでに沢山の種類のパンが揃っている。
古民家風の雰囲気が素敵で、自然とため息が出てしまうくらい。


ぱくっと上向きに口を開けたパン。
ピーナッツクリームとレモンクリームの2種類。


焼きカレーパンやスモークウィンナーパンといった
お惣菜系やサンドも美味しそう。


今回選んだのはこちら。

まずは念願のイートイン席でみつせ鶏のつくねと高菜のサンド。


ゴマが入ったバンズはもっちり。
もっちりの後に高菜とレンコンのシャキシャキが響く。
高菜としそが爽やかで、つくねもこってりではなく
さっぱりしていて食べやすい。

続いてはコチラ、鳴門金時と天津甘栗のパン。


とにかく軽くてふわっとしたパン。
鳴門金時と天津甘栗の自然な甘さがほのかに香る。
黒ゴマが全体をピシッと引き締めていてよい感じ。
少し温めるとパンのやわらかさが引き立つ。

イートイン席は長机でどこに座っても庭園が眺められる。
緑が綺麗でそして静かな空間はとても贅沢。
レモン水と紅茶がサービスなのも嬉しい。


ぼーっとしながらのんびりパンを味わえるお店。
緑が映える晴れた日にぜひ。

YORIMICHI (よりみち)
住所:福岡県糟屋郡粕屋町長者原東1-10-43
電話番号:092-939-1799
営業時間:7:30~15:00
定休日:火曜日
https://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400303/40049924/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です