ブーランジェリーモリモリ(京都 丸太町)オープンしたばかり♪元気をチャージできるお店

【Boulangeri MoriMori@京都 丸太町】

今年の5月にオープンしたばかり。
instagramやサイトで見かける店内の写真が明るくて
雰囲気が良く気になっていたお店。
場所は丸太町駅から徒歩3、4分の所で
木目調のひさしと深緑色のシックなドアが見えてきたら
それがブーランジェリーモリモリである。
まだ新しく、きれいな店構えからも
オープンしたてのパン屋さんであることがよくわかる。

 

 

ドアを開け店内に入ると焼きたての良い香りと
いらっしゃいませの声に出迎えられる。

店内の手前と左側にずらっとパンが並び目の前にレジ。
そして奥、ガラス扉の向こうに厨房が見え、まさにパンを焼いている最中。
気づけば後から4、5人のお客さんが入店し
厨房からは「焼きたてです~」という声が聞こえパンが追加される。
店内の雰囲気がとても明るく入店してからほんの数秒で
ブーランジェリーモリモリの世界に引き込まれる。

まずは手前のパンから。
窓から差し込む光でパンが輝いて見える。
見るからに柔らかくふわふわしているもりもりの山食。

 

クロワッサンやデニッシュも良い色している。

 

チーズフランスとカレーベーコンフランス。
暑いこの時期に食欲そそる組み合わせ。

レジ横にはハード系や甘い系がずらりと。
ミルクフランスやシンプルなカンパーニュも気になるところ。

 

サンド系が並ぶ冷蔵コーナーの上、
マフィンやドーナツも並ぶラインナップにワクワクする。

 

 

今回はコチラを購入。

ショコラフランス


 

 

むっちりしたチョコの生地に
なんとフィリングにもチョコが入りダブルチョコ!
商品名からは分からなかった、隠し味のオレンジピールが
良いアクセント!
甘いチョコに時折ツンと突き抜ける柑橘系が美味しい。

フルーツブレッド

 

 

セミハードでしっとりしたパン。
盛りだくさんのレーズンは甘酸っぱい。
よくあるハード生地に甘いレーズンではなく、
しっとりに甘酸っぱさの組み合わせがとても食べやすい。

 

お店に伺った際、「写真撮ってもいいですか?」とお声がけしたところ
とても明るく「大丈夫です!どんどん撮ってください!」と
快く許可してくださったお店の方。
お店の雰囲気もとても明るく、それに負けないくらい
パンからも優しさと明るさがにじみ出ていて
味わいながら心がじわじわ満たされた。
エネルギーチャージをしたい時におすすめのお店。

 

Boulangeri MoriMori(ブーランジェリーモリモリ)
住所:京都府京都市中京区二条通東洞院西入仁王門町11
電話番号:075-746-3676
営業時間:8:00~17:00
定休日:日曜日
https://www.facebook.com/morimori1082/

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です