ラパングリグリ(茨城 つくば)北欧カフェみたいなパン屋さん

【Le Pain Gris*Gris@茨城 つくば】
お店は茨城県つくば市、筑波大学にほど近い場所にある。
最寄り駅のつくば駅からは約4kmの道のり。
この日はつくば駅前から出ているバスに乗ってお店に向かった。
【筑波大学循環右回り】と記されたバスに乗り約10分、
最寄りの松美池バス停で下車。
ここは筑波大学目の前のバス停で、女子学生らしき人が2人、
私と一緒に降り立った。
お店に伺った日は秋晴れの心地よい日。
バス停周辺は緑でできた日陰が心地よく、
思わず大きく深呼吸したくなる清々しい場所である。
お店まではここから徒歩で約10分。
大通りには学生街らしく松屋、牛角といった飲食店が並んでいる。
この大通りから一本入った住宅街に
突如として現れるパステルカラーの水色の壁。
ここがル パン グリグリである。
足元の低い位置にある看板が可愛く思わず写真をぱしゃり。
お店の入り口は横に。
こちらも水色の壁でお店に入る前からワクワクする。
ドアを開けると外観と同じ水色を基調とした店内に心奪われる。
北欧にあるカフェに足を踏み入れたかのような気分になり
一瞬で心が踊る。
正面にずらっとパンが並び、左側にイートインスペース、
奥が厨房になっている。
パンの種類は豊富。
お店の雰囲気にぴったりのデニッシュやクロワッサン。
ころん、まるっとしたパンが可愛らしいパンも沢山。
ハード系も並んでいる。
サンドイッチも発見!
今回はコチラを購入。
ごぼうチップ入りのフランスパン
ごぼうチップ?と珍しさにひかれて購入。
もっちりのまん丸フランスパン。
口に入れるとごぼうの風味がふわっと広がる。
ごぼうは強烈すぎず、だけど”ごぼう”としっかりわかる。
えぐみも無く、きんぴらごぼうを彷彿させる。
なんとも癖になるパン。
ピスターシュ
お店の雰囲気に一番あっていたエメラルド色。
ふわ、さくっのデニッシュ生地は、層がパリパリ落ちるくらい繊細。
デニッシュ生地にピスタチオが練り込まれ、コーティングにもピスタチオ!
表面のピスタチオはかなり甘め。
少しだけ冷やしてコーティング部分をパリッとさせて食べても美味しい。
パンもお店の雰囲気も女子心くすぐられる素敵なお店。
人に教えたくない、自分のとっておきの場所にしたい空間。
ル パン グリグリ(Le Pain Gris*Gris)
住所:茨城県つくば市桜2-14-5
電話番号:029-857-7538
営業時間:8:30~18:30(土日祝:9:30~17;00)
定休日:月曜日、第二火曜日
http://www.gris-gris.sakura.ne.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です