ルプチモンド(東京 西府)マスカルポーネが練り込まれたパンに病みつき!

【Le Petit Monde@東京 西府】

東京、府中市にお店を構えるルプチモンド。以前は京王線、府中駅近くに出店していたが2016年に現在の場所、南武線西府駅近くに移転した。当時から地元、府中では有名なお店。もちろんそれは移転後の今でも変わらない。

西府駅を下車し、歩くこと約2分。黒く塗られた外観に木製の重厚感のある扉が目印のお店が見えてくる。

お店の前には駐車場も完備。この日も車で来店されたお客様に出くわした。

ワクワクした気分でおしゃれな木製の扉を開き中に入る。

店内は明るすぎず落ち着いた雰囲気。まず目に飛び込んできたのは中央、陳列棚に並べられたパン。お店をぐるりと見渡すと右、左、正面とパンが並んでいる。そして右奥には厨房。簡単に厨房を覗けてしまうくらい距離が近く、向こうにはこれから店頭に並ぶであろうパンが見える。見ているだけで焼きたての温かさが伝わってくる。

正面の棚にはハード系が中心に並べられている。バケットはバリバリと良い音がしそうな色合い。

厨房前にはフォカッチャやカレーパンなどランチにもってこいのパンが。

豆電球に照らされて光り輝くあんぱん。

今回はこちらを。

マスカルポーネとハチミツの長時間発酵パン

うずまき模様が目印のこちらは断面を見ると真っ白なシンプルパン。クラムはほんのり甘くしっとり。もっちり食感ではなくゆっくり口の中で溶けていく不思議な感じ。これがマスカルポーネ効果?!と奥深く、病みつきになるパン。

スモークチーズとイベリコ豚ベーコン カシューナッツのパン

クラストはしっかり、クラムは弾力もありつつふわりとしている。甘すぎずナチュラルなパンに角切りベーコン、スモークチーズ、カシューナッツの贅沢なフィリング。ベーコンは脂身がジューシー、チーズはスモークの薫り高く、最後にナッツの香ばしさが駆け抜ける。パンがベーシックなので、フィリングそれぞれが引き立つパン。

コチラのお店11:00~19:00の営業だが、13:00~14:00の1時間、仕込みのため閉店になる。お店に行く時は念のため、営業時間の確認を。


Le Petit Monde(ルプチモンド)

住所:東京都府中市本宿町1-47-1
電話番号:042-319-1445
営業時間:11:00~13:00 14:00~19:00
定休日:月曜日・火曜日
https://www.instagram.com/2010lpm/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です