ラトリエドゥカンデルトウキョウ(東京 武蔵小金井)ここがお店?アルザス地方のパンが並ぶ小さな小屋のパン屋さん

【Latelier de KANDEL Tokyo@東京 武蔵小金井】

東京の武蔵小金井にあるこちらのお店は、フランスのアルザス地方のパンと焼き菓子が並んでいる。「アルザス地方」はフランスの北東部に位置し、丁度スイスとドイツの国境沿い。驚いたのはなんといっても街の美しさ!ため息が出るくらい鮮やかで絵本の世界のよう。川沿いにカラフルな家が立ち並び、それに負けじと木々も青々と輝いている。

フランスエクスプレスより

フランスエクスプレスより

そんな魅力的なアルザス地方のパンに出会えるとなると、興奮せずにはいられない。ワクワクしながらお店に向かった。

グーグルマップ片手にお店に向かう。駅の南口を出て大通りを西に向かって真っすぐ。通り沿いなので見逃すこともないだろうとずんずん進む。そろそろこのあたりかな、と地図を確認してすぐ。

目に飛び込んできたのはコチラ。

一瞬目を疑った。表札がかかっているブロック塀の向こうに可愛らしい小屋が1つ。そこには間違いなく「KANDEL」と目指していたパン屋さんの店名が書かれていた。足元にはこちらの看板が。やはり間違いなさそうだ。

入って大丈夫だろうか?とついつい回りを見渡し、えいっと敷地の中に入る。すると、小さな入口の向こう側から「いらっしゃいませ」と女性の声が聞こえた。

恐る恐る入口から小屋の中を覗くと、そこにはパンがずらりと並んでいた。

パンの種類はとても豊富スタッフの女性が丁寧にパンについて教えてくださった。

向かって左の方に並んでいたのはシンプルなパン。バケットはもちろん、ライ麦パンなどリピーターも多いそう。

その隣にはハード系のパンにフィリングが入ったもの。オリーブやカレンズなどハード生地と相性間違いなし。

右の方には具材がのったフォカッチャやフィリング入りのベーグルなど、ランチのメインによさそうなパンが。

おすすめ頂いたものの中から今回はこちらを。

キャロット

鮮やかな色はニンジンの色。細長くスライスされたニンジンが沢山練り込まれ、風味はほんのり。トッピングのひまわりの種はとても香ばしくて癖になる。あたためるとむっちり感が増し、水分感が気持ち良い。

パンアラビエール

マッシュポテトが入ったライ麦パン。口当たりがとても優しい。クラストにはなんと黒ビールが練り込まれ、薄くて程よい食感。酸味はあまり感じず食べやすく、スープやシチューなどの料理にあわせて食べたい。

後ろ並んでいた常連さんが迷わずオーダーしていたあんぱんや、リピーターが多いと教えて頂いたブリオッシュも気になるところ。営業日はなんと週3日のみ。訪問するときは念のため営業日の確認を。

Latelier de KANDEL Tokyo(ラトリエドゥカンデルトウキョウ)
住所:東京都小金井市前原町3-29-141
電話番号:-
営業時間:10:30~13:00 14:00~17:00
定休日:火曜日、木曜日、土曜日、日曜日
http://kandel.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です