クラマエノパンヤ(東京 蔵前)期間限定オープン シンプルなパンから個性的なパンまで!

【クラマエノパンヤ@東京 蔵前】

この日向かったのは、2020年のみの期間限定でオープンした「クラマエノパンヤ」。表参道にある人気カフェベーカリー、「パンとエスプレッソと」でシェフをしていた櫻井シェフのお店ということで、オープン前から話題沸騰。オープンを今か今かと待ち望んでいた人も多く、私もその1人。

場所は店名の通り、蔵前駅が最寄り駅。南北にのびる大通り沿いにある、可愛らしい看板が目印になっている。

お店に伺った土曜日は10時オープン。11時頃に到着し、5組が先に並んでいた。ソーシャルディスタンスを守って並び、店内に入るのは1組ずつ。入れ替わりはとても早く、15分ほど並んだところであっという間に先頭に。

お店の看板。パンを持ったキャラクターが愛らしい。

がらがらと扉を横にひいて店内に入ると、いらっしゃいませと出迎えられる。店内はコンパクトで、目の前にすぐショーケース。奥に目を向けると厨房が見え、ちょうど、シェフがパンを焼いていた。

並んでいたパンはこちら。腰高ほどのショーケースの上にパンがずらり。

ライ麦パン、バケットといったシンプルなものから・・。

トマトやソーセージを使ったお惣菜系のものも。

ガラスショーケースの下段に並ぶ食パンはなんと4種類も!

クロワッサンも種類豊富で、随時、商品の入れ替えもあるそう。

この日購入したパンは2つ。

キウイ

ライ麦の香ばしさとほろ苦さをしっかり感じるクラム。なんと一緒に練り込まれているのはディル!爽やかで清々しい、どことなくほんのり甘みも感じるハーブが癖になる。包み込まれているのはドライキウイとクリームチーズ。ドライキウイはジャムのようにとろっとした口当たりで、粒々食感も健在。キウイの酸味がクリームチーズの甘みと一緒になって広がっていく。

カマンベール

クラムはシンプルなものかと思いきやくるみが沢山!くるみの香ばしさと塩味がしっかり効いている。そして、表面にのっているのはカマンベールチーズ。これがまさにそのまま、カマンベールチーズ!という感じ。カマンベールチーズそのものにかぶりついたような、さっぱりとしたミルク感がしっかり広がる。これがくるみの塩味と相性抜群。

どちらも小麦をほのかに味わえるクラム、そしてどこかひねりがあって個性的なフィリングと、終始、食べながら楽しさも感じたパンだった。営業は週4日のみ、売り切れ次第終了となかなかハードルが高いお店だが、次は何を買おうかな・・とついつい考えてしまう。

 

クラマエノパンヤ
東京都墨田区本所1-33-12
電話番号:03-6386-9858
営業時間:月曜日・金曜日 11:00~ 土曜日・日曜日 10;00~ 売り切れ次第終了
定休日:火曜日、水曜日、木曜日
https://www.instagram.com/chigaya_kuramae/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です